幸福度とはなにかを解説【人生を楽しむヒント】

幸福度UP

まず幸福度と聞いてどんな状態だと高いとイメージされますか?

・一生困らないお金を持っている
・自分のやりたいことが出来ている
・誰かからとても愛されている

おおよそこの様なイメージではないでしょうか。

実際に幸福度については多くの研究や本などが出ています。
それだけ関心が多いものだと考えられますよね。

さらに「豊かな生活」には幸福度はとても重要です。
もちろん幸福度が低いと幸せとは言えないですよね・・・

だからこそ幸福度を上げる思考を知ることが大切になります。
そしてそのキーポイントになるのが「幸福とは何か?」を知ることだと考えました。

セカユタ
セカユタ

ということで今回は「幸福をつくる3大要因」についてお話したいと思いますのでぜひご自身の幸福ってなんだろうと想像しながら読んでみてくださいね。

幸福とは

幸福を辞書で調べてみました。
「恵まれた状態にあって、満足に楽しく感ずること」

恵まれるにはお金や愛と言った多様な意味が含まれていると感じます。
本当に必要としている恵みがあることで満足に楽しく暮らせると解釈できますよね。

まさしくこの言葉の意味のように人生を送りたいと私は考えています。
また出来るだけ多く方にもそう感じられる人生を送って欲しいです。

なのでこのブログでは多くの人の幸福度を上げられる情報を見つけて発信をしていきます。

ぜひ今後もお付き合い下さい!

フィンランドは幸福度が高い

国連の持続可能な開発ソリューションネットワーク(SDSN)が発表している世界幸福度ランキングで2021年度はフィンランドは149カ国中で1位でした。

ちなみに日本は・・・56位です。

さらに国連の世界幸福度ランキングでフィンランドは4年連続1位になっていました。

4年連続ってすごいですよね!

フィンランドは2020年の感染症が流行る前から3割の人が在宅勤務だったと言われています。
さらに16時には退勤をして家族や友人とのプライベートの時間にしているのは有名な話ですよね。

また社会保障という点においても政府と国民の信頼関係があるため安心をして生活ができる基盤があると言われています。

とても興味深いのですが夏休みが1ヶ月だったり平均睡眠時間が7時間以上など健康面でもしっかりと保たれている特徴があるそうです。

そのため柔軟な働き方によってとても生産性が上がっている国になるんですね

日本とフィンランドの差

よく日本とフィンランドは似ている点があると言われています。

それは「控え目で我慢強い性格」だそうです。

似ていると言われているのになぜ幸福度ランキングに大きな差が出ているのでしょうか?

社会保障やプライベートなどに明らかな違いがあるのですがここでお伝えしたいのは人と人との繋がりについてです。

フィンランドは人口が少ない点から家と家が離れています。
そのためコミュニティーセンターで人々が頻繁に集まっているそうです。

さらにコミュニティーセンターには図書館、サウナ、プールなどが併設されていて、多くの人が集まりコミュニケーションを取りやすい環境を大切にしています。

また現在では約6割りがリモートで働く中でも関係を構築しているという事実。
ですが日本は人と社会とのつながりがとても薄いと考えられています。

実際に世界幸福度ランキングで日本は54位でしたよね・・・

日本は社会的ネットワーク、対人的な信頼感、組織への信頼感が低いと言われます。
同じような国民性でも大きな差が出るのは上記であげた点がヒントになりそうです。

リアルに語り合える仲間がいることや自分が心地がよいと感じられる場所を確保することが重要だということかもしれません。

幸福度は自分で決められる

神戸大学社会システムイノベーションセンターの西村和雄特命教授と同志社大学経済学研究科の八木匡教授が国内2万人に対するアンケート調査を実施しています。

大きく分けて「所得、学歴、健康、人間関係、自己決定」の5項目からアンケートを取りました。

結果は所得や学歴よりも「自己決定」が幸福度に強い影響を与えていることが明らかになったんです。

この点から考えて健康・人間関係・自己決定の向上が大きく幸福度に影響を与えるとなります。

「健康になりながら人とのつながりを大切にして自分の人生を自己決定して過ごす」

これこそが幸福度アップのキーポイントということですね。

この記事で伝えたいこと

幸福度が高いフィンランドと日本を比べてみた時に働き方や人との関係性によって国全体の幸福度が高いことが分かりました。

また研究結果からも幸福度は下記が大きく影響していると理解ができましたね。

1.健康
2.良好な人間関係
3.自己決定

私はこの幸福度に関係する3点を向上するうえでお金が土台になると考えています。

・健康のためにジムや病院に通う
・人間関係構築のための会食やプレゼントなど
・自己実現のための費用

このようにお金があることで選択肢を広げられるのは明らかですよね。

上記理由から「お金の知識」と「幸福を上げるための思考」を両方を身につけることが大事だと考えるようになりました。

今後はこのブログがみなさんにとって「金融面と幸福度」の向上に繋げられるように私も頑張ります。
ですのでぜひセカユタblogにお付き合い下さい。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

プロフィール
このブログの運営者
セカユタ

サラリーマンをしながら副業や投資をして資産形成中。
約1,000万の資産運用と副業をしながら「資産形成の基礎知識・節約や副業・投資」についての情報を発信しています。

また心理カウンセラーの資格を取り、心理学を継続して勉強しながら幸福度が上がる情報も定期的に発信します。

ぜひお付き合いください!

ぜひフォローをお願いします!
幸福度UP
タイトルとURLをコピーしました