投資

スポンサーリンク
ETF

【たぱそうさんも紹介】ラッセル2000ETFのバンガードVTWOはおすすめか【IWMと比較】

2023年の後半からFRBの利下完了への期待が大きくなり12月のFOMCでパウエル議長がハト派発言により利下げを折り込み投資家が反応をしはじめてきていて中・小型株への資金流入がはじまってきます。 実際に2023年12月のロイターの記事ではマ...
投資信託

【バロンズダイジェスト】利下げ予想で上昇期待の米国小型銘柄【有望5銘柄も紹介】

2022年からFRBがインフレを抑えるために政策金利の利上げを行ってきまた影響から株価にとっては圧力になっていました。ですがマグニフィセント・セブンの活躍によって2023年は米国ではS&P500などの株価指数をみても2桁上昇した年になりまし...
株式投資

【大手金融機関】2024年のS&P500株価予想【大統領選挙の年】

あけましておめでとうございます。ちなみにみなさんにとって2023年はどんな年になりましたでしょうか。 昨年は2022年のマイナスを取り戻すように米国の三指数ともに大きく上昇した年で特にナスダックに関しては脅威の40%越えの上昇をみせましたよ...
ETF

【たぱそうさんも紹介】ラッセル2000連動ETFのIWM【インデックス上昇】

2023年も年初からマグニフィセント・セブンが相場を引張りまたAIベビーバブルにより上昇をしてきました。ですがこれはあくまで上位の一部の銘柄が良かったことになっていました。 そしてFRBの利上げ終了予想やソフトランディングへの期待から9月あ...
株式投資

【広瀬隆雄さん】FOMC結果と2024年の投資戦略

2023年12月12日と13日の2日間でFOMC(米国連邦公開市場委員会)を開催して政策金利であるFF(フェデラル・ファンド)金利の誘導目標レンジを5.25~5.50%で据え置くことを全会一致で決定。ちなみに政策金利の据え置きは3会合連続で...
株式投資

2024年の経済見通しとソフトランディングについて【利下げ予測】

2023年12月12日から13日にかけてFRB(米連邦準備理事会)がFOMC(連邦公開市場委員会)を開きましたがFFレート(政策金利)は5.25〜5.50%で据え置きとなり個人投資家の多くの方が予想通りだと安堵感したのではないでしょうか。 ...
ETF

【たぱそうさんも紹介】小型グロース株ETFのVBKはさらに上昇を期待できるか

2023年12月のFOMCで利下げが話し合われたとのことが分かったことで今後の株式への影響が期待できるよになり金利が高いために今まで日の目をみてこなかった小型グロース株に注目が集まってきました。 そんな中で小型グロース株にまとめて分散投資が...