【You Tube大学で中田敦彦さんも紹介】貧乏マインドから脱却する方法【お金持ちへの近道】

幸福度UP

いきなり質問ですがお金持ちへの印象はどのようなものでしょうか。

例としてですが・・・

自分に対してはもっと稼いで贅沢がしたいとかお金持ちにはなりたいと考えている方は多いですよね。

ですがお金持ちへの印象はというと「運が良かったから」とか「悪いことをしている」などいい印象を持てないのはなぜでしょうか。

実は上記は矛盾した考えですよね。

「お金持ちにはなりたいけどお金持ちの印象はよくない」となりますよね。

なので結論としてはお金持ちになるためのマインドセットをすることが重要になります。

そのためには「お金持ちマインド」を知ることが重要です。

しっかりと理解して「生活を豊かに」していきましょう。

著者はどんな人か

スティーブ・シーボルドさんという方です。

ゴーブ・シーボルド・グループの代表でアメリカの経営コンサルティング会社を経営。

約20年に渡り一流と言われる方を研究してその成果を発表されています。

現在は能力開発の一人者として優良企業の社員研修を担当。

クライアントは我らが日本が誇るトヨタ自動車やボルボ、ヘルスケア製品を取り扱うジョンソン・エンド・ジョンソン、大手製薬企業のグラクソ・スミスクラインなど名だたる企業です。

またセミナーに関しては世界の講演者の収入上位1%に入ると言われています。

さらにメディアでは米ABC、英BBC、豪NBCなどのトーク番組に出演をされているんですよね。

人格者でもありプライベートでは慈善活動で社会的弱者の救済に尽力もしています。

このような素敵な方が書いた本「金持ちになる男、貧乏になる男」から金持ちマインドを勉強していきます。

またこの本はお金持ちマインドと貧乏マインドの対比で話が進んでいきますのでチェックをしながら記事を読んでみて下さい。

お金持ちのイメージ

冒頭でも言いましたがお金持ちに対してはどんな印象を持っていますか?

貧乏マインドからみたお金持ちは「悪い存在・冷酷な人」だと考えていると言っています。

私の勝手なイメージですがドラマや漫画で出てくる悪役のお金持ちが近い気がします。

ではお金持ちマインドからみたお金持ちは「寛容な人」と考えているようです。

税金をたくさん納めていてさらに慈善事業や寄付をしているからだと。

なぜか慈善事業や寄付と聞くとイメージアップのためなどと捉えてしまいますよね。

まずこの対比から考えた時にこれからお金持ちになりたいと考えているのであれば自分が目指しているのは「悪い存在・冷酷な人」になってしまいます。

この考え方は私達が悪いのではなくて教えられてきたからだ言っています。

そしてそのルーツはキリスト教から始まっていました。

「お金持ちが天国に行くのはラクダが針の穴を通るより難しい」

「清く貧しくあるべし」

このような教えがあります。

その一方で教会は多額の資金から成り立っているという矛盾。

この教えが現世まで続いてきたことで貧乏マインドが染み付いていると考えられますよね。

ですのでスタート地点として私達は貧乏マインドが持つお金持ちのイメージを頭から切り離すことが重要になります。

【質問】 お金持ちのイメージ
貧乏マインド
⇒悪い存在・冷酷な人と感じている

お金持ちマインド
⇒寛容な人だと理解している

お金持ちになるために必要なもの

次の対比です。

貧乏マインドの解答は「才能・学歴・運」だと。

なぜか私達はMBAをとるなど学歴や才能でお金持ちになれたと誤解をしているとなりますよね。

また運も必要かもしれませんが本質ではないということ。

そして一方で金持ちマインドは「アイデア・努力」となります。

大企業と言われる会社の創業者の話を聞くとすべてはアイデアからはじまっていませんか?

そして必ずやれると信じているからこそ大きくなっています。

【質問】お金持ちになるために必要なもの
貧乏マインド
⇒才能・学歴・運

お金持ちマインド
⇒アイデア・努力

ここで1つの質問です。

「あなたはお金持ちになれますか?」

貧乏マインドは「なれない」と答えるそうです。

一方で金持ちマインドは「必ずなれる」になると信じているということ。

まったく真逆な考え方になりますよね。

【質問】あなたはお金持ちになれますか?
貧乏マインド
⇒お金持ちになれない

お金持ちマインド
⇒お金持ちになれる

お金を稼ぐ動機

貧乏マインドは「欠乏の恐怖と不安」と答えるそうです。

生活のためにという動機からやりたくない仕事であっても気持ちを隠しながらやっていますよね。

どれだけ嫌なことを言われてもやはり生活のためにと考えるから我慢をしていませんでしょうか?

一方で金持ちマインドは「自己実現」のためとなるそうです。

以前に比べて起業するハードルが下がったとも言われています。

実際に自己実現のために起業する人や副業でスモールスタートされる方が増えていますよね。

情報が増えてきていることが要因だと感じます。

これはある意味で私達はチャンスが多い時代を生きれているとも捉えられますよね。

だからこそ金持ちマインドは欠乏や恐怖ではなく「楽しいから働ける」になります。

【質問】お金を稼ぐ動機
貧乏マインド
⇒欠乏の恐怖と不安

お金持ちマインド
⇒自己実現

そしてここでもう1つ質問です。

「お金を稼いでなにをするのか?」

貧乏マインドは「生活費をえるため」と答えるそうです。

ここでも矛盾があります。

お金を稼ぐことは「悪いこと」と捉えているにも関わらずお金を欲しがっていると考えていることになりますよね。

では金持ちマインドはいうと「自由を得るため」になります。

時間もそうですし何かをやるために選択枠が増える。

さらに誰といつそのくらい働くか自体を選べるとなりますよね。

【質問】お金を稼いでなにをするのか
貧乏マインド
⇒生活費をえるため

金持ちマインド
⇒自由を得るため

注意する点ですが貧乏マインドは「願望があるが隠す」傾向があるとのこと。

金持ちマインドは「お金は必要だという信念があるので隠さない」とのこと。

給与・総資産・ビジネスで必要なお金を具体的にイメージしているんですよね。

お金の目標はしっかりともつことが大切だと捉えられます。

お金を稼ぐ手段

貧乏マインドは「時間を売っている」となるそうです。

手段となった時にもっとたくさん働かないとと考えます。

確かに安定して毎月給与があることはとてもありがたいことです。

ですが時間を売る働き方は天井があるということですね。

金持ちマインドは「アイデアを売る」と考えるそうです。

リスクが高いですが天井がないということですよね。

ここでも注意点がありました。

一人で稼ぐのではなくてチームで稼ぐことが重要だとも言っています。

確かに経営者はリスクはあります。

ですが会社単位で考えてみても倒産の可能性はゼロではありません。

だからこそスモールスタートでもいいので副業からでもはじめてみてほしいと考えています。

確かに大変ですが得られる知識は何よりも財産になります。

【質問】お金を稼ぐ手段
貧乏マインド
⇒時間を売っている

お金持ちマインド
⇒「アイデアを売る」

お金の使い方

貧乏マインド「消費(娯楽・快楽)」に使うそうです。

すべての消費が悪いのではなくて自分の糧にならないことですよね。

わかりやすいのは「ギャンブル」だということです。

ここではお金持ちになるにはとなりますので消費の内容を考えることが重要になると分かります。

一方で金持ちマインド「学習(読書・旅行)」だとのこと。

読書はわかりやすいですが歴史・政治・経済などご自身の興味がある分野で知識をつけて行くことです。

また旅行については行った先で文化やその土地のビジネスなどを学ぶんですよね。

要は吸収することが重要だと分かります。

自己投資が大切だということですね。

また金持ちマインドは投資をするということ。

さらに長期的に考えることが重要だと言っています。

短期的な一発逆転ではなくてこのブログでも推奨をしていますが分散した長期投資をすることが実はお金持ちになる近道になるということですよね。

【質問】お金の使い方
貧乏マインド
⇒消費(娯楽・快楽)

お金持ちマインド
⇒学習(読書・旅行)

交友・遊び方について

貧乏マインドは「地域・職場」に限られているとのこと。

同じ様な給与相場で同じ様な生活をしているため広がりができてきませんよね。

また遊びに関しては流行りのものだとのこと。

ゲーム課金などがその例になりますよね。

あくまでいいか悪いかではなくてお金持ちになるにはというと観点です。

一方で金持ちマインドは「成功者や富裕層がいるコミュニティ」を作って生活をされているとのこと。

ここで私達が考えられることは話を聞きに行くことになりますよね。

どの様な思考でどう行動して今の資産を稼げたかなど先人の知恵を吸収することです。

いきなりはできないかもですが自分が会いたいと思う人ができたならぜひ会いにいきましょう。

また遊びに関しては本の中で紹介されていのは・・・

・テニス
・ゴルフ
・乗馬
・チェス

成功者の方たちは周りがやっているではなく自分がやりたいことにお金を使って遊んでいますよね。

例えばものづくりなど。

自分の感性を磨くうえでもいいのかもと私は解釈しています。

このようにお金の使いかたもまったく違うことがわかりますよね。

【質問】交友・遊び
貧乏マインド
⇒地域・職場

お金持ちマインド
成功者や富裕層がいるコミュニティ

お金の教育について

お金に関して2022年から授業としてはじまったとはいえ生活に密着して学べるようにはなっていませんよね。

だからこそ親が子供に教えることが重要とのこと。

貧乏マインドは「曖昧で消極的」だということ。

親自体がどうお金持ちになるかそしてお金の話はあまりしないようにと考えるあまりにこのような思考になるのだと感じます。

お金は怖いものだから安定した職場で働くようにと親が考えるので子どもはそれを学びますよね。

金持ちマインド「明確で積極的」だということ。

お金の重要性がなにかを教えるということ。

選択の自由を手にするため、幸福度の高い生活をしていくためにはという観点です。

✓収入の種類
・労働収入
・事業収入
・投資で配当を得る

まずは収入を得る方法がいくつかあることを明確に教えていくことが大切になるということですね。

これは大人がお金についての知識をつけるために勉強が必要だとも分かります。

そして注意点です。

マイナス信念で教えないことが重要だと言っています。

・生活ができなくなるから安定した就職をする
・お金がなくなると大変だから貯金をしておく

などお金がなくなる点(マイナス)を入れて教えることです。

また「労働・貯蓄がすべて」だという教えも。

金持ちマインドはプラス信念で教えるとのこと。

・お金を稼いで自分がやりたいことができる
・大きく稼いで周りの人を幸せにできる

などお金が自己実現のために必要だと教えることです。

また「資産形成・社会貢献」だ大切だという教えも。

ここで大切なのは親である大人の私達が実践してやっていくことになります。

【質問】お金の教育
貧乏マインド
⇒曖昧で消極的
 労働・貯蓄がすべて

お金持ちマインド
⇒明確で積極的 
 資産形成・社会貢献

結論、貧乏マインドの鎖を壊そう

私達は親や学校から「お金の話はあまりしないように」や「お金は生活ができる程度あればいい」などと教わってきました。

その結果で貧乏マインドの鎖がとても強くなっているのだと感じます。

だからこそ金持ちマインドへのシフトチェンジをしていくことはとても時間がかかるかもしれません。

ですが必ずやこの鎖ははずれると信じています。

少しずつでいいので金持ちマインドを持って生活をしていきましょう。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

~今回レビューした「金持ちになる男、貧乏になる男」のご紹介~

資産形成にとても必要なお金持ちマインドの情報が満載

お金持ちへの近道を辿るヒントがより理解できますのでぜひ手に取って読んでみて下さい。

~資産形成・投資に関するお得な情報~

①オンライン(2時間の動画)で受講できる無料セミナー

金八先生で有名な武田鉄矢さんもおすすめ「投資の達人になる投資講座」の申し込みはこちら

②投資経験者にもためになる無料書籍

Bコミさんの「はじめての資産運用」の申し込みはこちら

③インフルエンサー(投資ユーチューバー)も愛用

オックスフォードクラブの無料メルマガの申し込みはこちら

上記3つは私も活用させていただいています。
無料ではありますが優良な情報なのでぜひ申し込みしてみて下さいね。

プロフィール
このブログの運営者
セカユタ

サラリーマンをしながら副業や投資をして資産形成中。
約1,000万の資産運用と副業をしながら「資産形成の基礎知識・節約や副業・投資」についての情報を発信しています。

また心理カウンセラーの資格を取り、心理学を継続して勉強しながら幸福度が上がる情報も定期的に発信します。

ぜひお付き合いください!

ぜひフォローをお願いします!
幸福度UP
タイトルとURLをコピーしました