初心者向けの節約投資でスモールスタート【少額からはじめられます】

株式投資

投資を検討中の方の悩みとして・・・

・元手が少ないのではじめられない
・いきなり大きな金額で投資は怖い
・できれば最初は少額からはじめたい

もしかしたら投資は数百万などの大きな金額が必要とお考えの方が多いのではないでしょうか。

ちなみに銘柄によっては1,000円程度から購入できるようになりました。

セカユタ
セカユタ

ということで「少額投資の特徴や注意点」についてお伝えします。

この記事を読んで投資への高いハードルを取っ払っていただけたら幸いです。

~最大2,000円がもらえるキャンペーンのご紹介~

締め切りは2022年11月30日ですのでぜひこの機会に口座開設を。

⇒マネックス証券の口座開設はこちらから

株の購入ルールについて

まず最初に基本的なルールから確認しますね。

日本株は「単元株制度」によって100株からの購入になります。

例えば「1株5,000円×100株=500,000円」が最低購入金額となります。

代表的な企業3社を2022年9月14日現在の購入金額を見ると・・・

ソフトバンク 
⇒ 1株1,497円×100株=149,000円

花王     
⇒ 1株6,031円×100株=603,100円

KDDI     
⇒ 1株4,308円×100株=430,800円

このように大きな額が必要になりますよね。

最初から数十万は抵抗感もあるのではないでしょうか。

米国株も代表的な企業3社を2022年9月14日現在の購入金額で見てみます。

アップル        
⇒ 1株153.84$×1$143.18円×1株=22,026円

ジョンソン&ジョンソン 
⇒ 1株161.33$×1$143.18円×1株=23,099円

コカ・コーラ      
⇒  1株60.47$×1$143.18円×1株=8,658円

ちなみに米国株の場合は1株から購入が可能。

日本株に比べると最低価格は買いやすい金額になりますよね。

※株数が違うので価格が安いわけではないのでご注意下さい。

ここではどちらがいいかではなくて最低購入金額をざっくりとでも理解をして欲しかったので比較をしています。

購入方法について

指値注文
価格を指定して売買する方法
買い注文は指定価格以下・売り注文は指定価格以上で成立

成行注文
価格を指定せずに売買する方法
買い注文は最も安い価格・売り注文は最も高い価格で成立

こちらも基本的なルールからお伝えします。
大きく分けて2つになります。

指値注文はご自身の指定価格で成立する安心感はメリットです。

ですが相場変動が大きい場合には約定しない可能性もあるんですよね。

一方で成行注文はほとんどの場合、成約できるのがメリット。

相場変動があると予定から外れた価格で成約するリスクがあります。

私は面倒なので全て成行で購入してしまっていますがぜひ相場状況をみて使い分けて下さい。

どちらの注文方法にもメリットとデメリットがあるため、相場の状況に応じて使い分けていくことが大切です。

ミニ株(単元未満株)とは

冒頭で説明した通り2018年10月1日以降に日本株式は100株からの購入となりました。

そのため投資を始めるには一定金額以上の資金用意が必要です。

どれだけ株価が安くても100株単位であればそれなりの金額。

まして自分が欲しいと思った銘柄の株価は1株で1,000円以上が相場。

そうなるとを最低でも10万が必要になります・・・

でも安心して下さい。

ミニ株(単元未満株)であれば1株~99株の間で購入が可能なんです。

ですので少額で投資をはじめたい方はミニ株での投資スタートを検討してみるのはいかがでしょうか?

注意点もあります

ミニ株については銘柄が限定されています。
さらに取扱いがある証券会社も同様です。

ですのでこの記事内でミニ株の取扱いがある代表的な証券会社も紹介しようと思います。

ミニ株の取扱いがある証券会社

・マネックス証券 
買付 無料(0円)
売却 最低手数料52円
商品 日本株・外国株

ワン株の人気銘柄はこちら

・SBI証券 
買付 無料(0円)
売却 最低手数料55円
商品 日本株・外国株

S株の人気銘柄はこちら

・LINE証券    
買付 無料(0円)
売却 最低手数料55円
商品 日本株

いちかぶグループA・B 

代表的な証券会社としてこの3社になります。

手数料で見ていくと2022年9月現在ではマネックス証券が一番安いですね。

さらにマネックス・SBI証券は日本・外国株が購入できますがLine証券は日本株のみとなります。

できれば両方での購入は検討できる状況がベストかと。
なので上記から考えてマネックス証券はおすすめです。

~おすすめのマネックス証券は最大2,000円がもらえるキャンペーン中~

締め切りは2022年11月30日ですのでぜひこの機会に口座開設を。

⇒マネックス証券の口座開設はこちらから

貯蓄投資という考え方が可能

基本は100株からですがミニ株の場合は1~99株で購入が出来ます。

ですので毎月コツコツと1株足していくということも検討できますよね。

また株主優待が欲しい場合はいきなり100株を変えないからもらえないと考えてしまいます。

ですが毎月の積立であれば数か月後に100株を達成して優待がもらえるなんてことも可能なんです。

またミニ株は手数料が安いのもメリット。

買付手数料が無料なのでコツコツ積立ても手数料を払う心配がないのはとても嬉しいですよね。

大金を用意できなくてもスモールスタートして勉強ができるミニ株は初心者の方に特におすすめです。

ミニ株で投資をはじめる3つのステップ

ミニ株については取扱いがある証券会社が限られています。

また証券会社ごとにサービス内容も違うため事前に調べてみて下さい。

✓証券会社のホームページへアクセス

まずはPC・スマホで証券会社のHPにアクセスして下さい。

証券口座の新規開設ページより氏名・住所・メールアドレスを登録して申込み。

よくあるケースは「ネット」「郵送」のどちらかを選びます。

郵送については時間もかかるためできればネットで進めてみて下さい。

ここからはおおまかにですが開設のステップについてです。

■ネットでの口座開設の流れ

・ステップ1:本人確認書類の提出

「マイナンバーカード」をスマートフォンのカメラ機能で撮影します。

オンラインで提出する流れになります。

ちなみに郵送物の受け取りがないので取引開始日は最短翌営業日あたりになります。

またスマートフォンがない場合は郵送での口座開設を選んで下さい。

・ステップ2:初期設定

口座開設申込が完了後は初期設定になります。

開設申込完了時に発行されたログインパスワードやユーザーネームを入力して連絡先や勤め先、振込先金融機関口座の登録などを行います。

・ステップ3:口座開設完了通知の受取り

初期設定の完了後にメールまたは郵送で口座開設完了通知を受け取ることが出来ます。

この段階で取引が可能になります。

最近は審査期間も短縮されている感じはしているのでもう少し早く結果が届くので多めに考えて2週間程度で見ておいて下さい。

✓注意点としてマイナンバー提出が必須

2016年1月1日から口座開設時はマイナンバー提出が必須になりました。

もしお持ちでない方はぜひこのタイミングで申請をしてみて下さい。

よくある疑問ですが「通知カードではできないのか?」があります。

調べてみると2020年5月25日で廃止になっているので新規発行や再発行が行われなくなったようです。

そのため住所変更などもできないためマイナバーカードのご用意をしておいて下さい。

ミニ株のメリット

・少額投資(スモールスタート)
・資産分散ができる
・少額でも配当がもらえる

✓少額投資(スモールスタート)ができる

ミニ株(単元未満株)では100株以下での購入が可能です。

投資にあてる余剰資金が少ない方も家計や負担が少なく投資できます。

銘柄によっては500円程度から株を買うサービスなどもあることから気軽にはじめられる点です。

財布にとてもやさしいですよね。

✓資産分散ができるのでリスク管理が可能

少額での購入ができるので複数の銘柄購入が可能なため損失リスクを抑えられます。

例えばですが①②③と3つの銘柄を購入します。

①のみを購入した場合には株価が下落すると変動に資産が大きく影響を受けます。

②③も購入している場合では、①が下落して②③が上昇すれば損失を回避するチャンスがありますよね。

複数保有がしやすいためリスクを軽減が可能になります。

✓ミニ株でも配当をもらうる可能性がある

1株から優待が受けられる銘柄を少しだけご紹介します。

・日本たばこ産業(2914)
・KDDI(9433)
・パソナグループ(2168)
・アスクル(2678)
※4,000円程度の投資で年2回1,000円分の割引クーポン

聞いたことがある企業ばかりですよね。

優良企業が多数あるのでぜひご自身でも調べてみて下さいね。

ミニ株のデメリット

・利益取得が少ない
・銘柄数や種類が少ない
・リアルタイム取引ができない

✓利益取得が少ない

投資資金を少額に抑える一方で短期的な利益を狙うことが出来ません。

長期間保有してリスクを抑えながら資金を増やしていく方法が適しています。

そのため短期的や毎月の利益を出したい方には向かない傾向がありますね。

✓銘柄数や種類が通常投資に比べて少なめ

各証券会社ごとに取扱い銘柄数や傾向が違います。

そのためミニ株投資が可能な証券会社がそもそも少ないためより銘柄数が減ってしまいます。

証券会社を選ばなくてならずさらに銘柄数が限定されるという点です。

✓リアルタイムでの売買ができない

通常の株式投資はリアルタイムで売買が出来ます。

ですがミニ株の場合は証券会社によってサービス内容が違いますが基本的に売買できるタイミングは前場・後場です。

分かりやすく説明すると約定するまで時間がかかるため注文したい指値と別のタイミングになる可能性がある点です。

結論、スモールスタートでミニ株を検討してみませんか?

通常は100株単位からの購入ルールがありますがミニ株の場合は1株から購入が可能。

・スモールスタートしたい
・分散しながらリスク管理できる
・少額投資でも株主優待が欲しい

日頃、気になっている企業の株を少額から購入ができるのがミニ株投資のおすすめするポイントです。

最初は大きな金額を投資することは避けたい方や少額から投資の勉強をしたいとお考えの方に向いています。

そのためにはまずは証券口座の開設が第1ステップです。

手数料が安くて銘柄数があるおすすめはマネックス証券になります。

2022年11月30日まで最大2,000円がもらえるキャンペーンを実施中。

もらえた金額から投資をスモールスタートが可能です。

ぜひこのチャンスに口座開設を検討してみて下さいね。

↓マネックス証券の口座開設はこちらから↓

マネックス証券

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

プロフィール
このブログの運営者
セカユタ

サラリーマンをしながら副業や投資をして資産形成中。
約1,000万の資産運用と副業をしながら「資産形成の基礎知識・節約や副業・投資」についての情報を発信しています。

また心理カウンセラーの資格を取り、心理学を継続して勉強しながら幸福度が上がる情報も定期的に発信します。

ぜひお付き合いください!

ぜひフォローをお願いします!
株式投資
タイトルとURLをコピーしました