【資産形成におすすめ】お金との向き合い方について

資産形成(基礎知識)

いきなり質問ですがお金とどのように向き合っていますでしょうか。
漠然すぎる質問ですよね。

なぜこのような質問をするかというと私自身が向き合い方を間違えていたことに気づいたからです。
今は生活を豊かにしていくためにお金との向き合い方を意識することはとても重要だと考えています。

ですのでお金との向き合い方について資産形成している中で私が学んだことを特にはじめたての方向けにシェアしたいと考えました。
どのように向き合うと上手に資産形成を進めていけるのかまとめていきますね。

セカユタ
セカユタ

ということで今回は資産形成に重要なお金との向き合い方」についてにです。

幸福度をあげながら資産形成ができるヒントになるのでぜひ最後まで読んでみて下さいね。

スポンサーリンク

お金と向き合えてなかった失敗談

まずは資産形成をはじめる前の私自身の失敗談をお伝えします。

私は資産形成をはじめるまでお金に関する知識を軽視をしていました。
今ではそのことが原因で毎日の生活に困窮していたと理解できたんです。

具体的には下記のようにお金と向き合ってきていました。

・1円でも安く生活をするには・・・
・明日の生活費をどうつくろう・・・
・今日はお昼を食べずに節約しよう・・・

こんなことばかり考えていたので毎日を過ごすので精一杯でした。
結論はお金に対してちゃんと向き合えていなかったのだと今は感じます。

実は両学長の本を読んだことがきっかけでこのままだと一生苦しい生活になると気づいたんです。
このようにまずは現在地を理解して受け入れたことがきっかけで一歩でも前に進もうと決心ができました。

その心の変化から経済的自由を手にしたいと考るようになりそこから資産形成を意識するようになったのが私の場合は大きな分岐点になりました。

まずは自分の現在地を意識して経済的自由を考えるようになると行動が変わります。
ですのでご自身のなりたい自分をイメージするところからはじめてみて下さいね。

では次章では私が気づいた正しいお金との向き合い方がどのようなものだったかをお伝えしていきますね。

正しいお金との向き合い方

では私が気づいた正しい向き合い方とはどのようなものなのか具体的に説明していきますね。

矛盾するように聞こえるかもですがお金との向き合い方に正解はないと考えています。
理由は人それぞれの考え方があるから。

・貯金を一番に考えて生活する
・あるお金を使い切って生活する
・投資をしてお金を増やす

などそれぞれのライフステージによって違いもあリます。
ですのでそれぞれが生活を豊かにするためお金と上手な付合い方を探すことが重要だと考えています。

あらためてですが私が気づいた向き合い方は「なりたい自分がどのような姿」なのかを知ること。
そこが資産形成のスタートにるからです。

ご自身のライフステージを考慮してどのようになりたいかをまずは考える。
ここが資産形成に必要なマインドセットになるのではないでしょうか。

では次は心理学からみてどのようにお金との向き合いといいのかを考えてみますね。

マズローの欲求5段階説からお金を考える

説明をするうえ先に「マズローの欲求5段階」についてを解説します。
全体像を理解すると向き合い方がさらに理解しやすくなると考えました。

ではマズローの欲求5段階とはなにかですが下記の内容です。
※第1段階がピラミッドの一番下の階層

第1段階:生理的欲求
食事や睡眠といった低次ではありますが最も生活に密着した欲求

第2段階:安全の欲求
生理的欲求が満たされることで健康や財産など安全・安心を求める欲求

第3段階:社会的欲求
コミュニティでの存在意義など所属や誰かに愛されたいという欲求

第4段階:尊厳の欲求
他者から認められたい、尊重されたいという欲求

第5段階:自己実現の欲求
ありのままの自分でいたい、理想的イメージへの達成欲求 

マズローの考える欲求からお金との向き合いを考えていくと第1段階の「居・食・住」という基本的欲求が満たされるかがスタートになります。

日々の生活に必要になるお金がまずは重要になることが理解できますよね。

さらに第2段階では「家族を養う」や「心身ともに健康」などの安心・安全を確保できるために必要不可欠なものであるとなります。

このように段階が上がるごとに必要な資産が増えることも理解ができます。
さらにその欲求を満たしていくことで最後に理想の自分の姿になっていけることも分かりますよね。

マズローによれば,階層の低い水準の欲求は,充足されない間は優勢を保つ。しかし,ひとたびそれが充分に充足されると,より高水準の欲求が個人の注意と努力を占有する。

Zimbardo P, 古畑和孝,平井久監訳,1983,『現代心理学』より引用

上記からもなりたい自分の姿をイメージすると各段階の欲求を満たしていくために資産形成が必要になることが理解していただけるのではないでしょうか。

では次章では自己実現に向かう中でお金をどのように自分の中で位置づけるといいかもお伝えしていきますね。

お金は最強のツール

前章でマズローの5大欲求からお金は基本的欲求を満たすうえで必要不可欠だということは理解していただけたのではないでしょうか。
さらに自己実現の達成に関してもお金は土台になりますよね。

例えば何かに専念する時間を作るのにお金は必要になるのではないでしょうか。
移動の際にタクシーであればPCで作業ができたりがしますよね。

これはお金を使うことで得られる時間があると理解できます。
また経済的自由(お金の土台)があれば好きなことを仕事にすることもできます。

生活のために働いくという考え方は辛いことも我慢するというイメージではないでしょうか。
ですが収入のためではなくやりたいことのためにというイメージになると働く意味が変わりますよね。

上記のように自分らしくいるために資産形成の重要性を考えるようになっていきます。

生活のためとお金を捉えずにあくまで「なりたい自分になる」ためにお金はとても大切なものです。
さらに自己実現をしていくための最強のツールだと理解できると資産形成の必要性をより理解できないでしょうか。

あらためてですがお金は自己実現をするための最強のツールになります。
繰り返しになりますが「なりたい自分」をまずはイメージしてみてくださいね。

結論ですが一度お金と向き合ってみるのはいかがでしょうか

今回はお金との向き合いかたについて自分自身が資産形成をはじめたことで学べたことをお伝えしてきました。

もちろんですがお金との向き合い方についてはそれぞれの考え方があることは理解しています。
ですがお金と向き合う必要性を理解すると資産形成の必要性がより分かるのではないでしょうか。

ですのでまずはなりたい自分(自己実現)の姿をイメージするところからはじめてみて欲しいと考えています。
その理解についてをマズローの5大欲求の考えも説明させていただきました。

そのうえで実際にお金とはどのようなものだと捉えているかというと・・・

・生活に欠かせない5つの欲求の満たすために必要
・自己実現の達成になによりも重要なツール

上記のように捉えるとより必要性が高まりますよね。
このように考えていく結果としてお金と正しく向き合えると考えています。

本日お伝えした内容をより実証していけるようにこのブログで経済的自由を手にするためのヒントをさらにお伝えできるように勉強して行動を続けていきますね。

ですのでこれからもぜひお付き合い下さい。

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

プロフィール
このブログの運営者
セカユタ

サラリーマンをしながら副業や投資をして資産形成中。
約1,000万の資産運用と副業をしながら「資産形成の基礎知識・節約や副業・投資」についての情報を発信しています。

また心理カウンセラーの資格を取り、心理学を継続して勉強しながら幸福度が上がる情報も定期的に発信します。

ぜひお付き合いください!

ぜひフォローをお願いします!
スポンサーリンク
資産形成(基礎知識)
タイトルとURLをコピーしました