幸福度を上げてお金を増やす方法【倹約と節約の違いを知ることが重要】

資産形成(基礎知識)

資産形成において大切にしたい育てるべき5つの考え方を以前の記事でご紹介しました。
大切な内容なのではポイントをまとめてあらためてお伝えします!

1.貯める  
⇒「生活費(支出)< 資産所得」の状態を作る
2.稼ぐ   
⇒給与所得だけでなく事業所得や副業での収入も視野に入れる
3.増やす  
⇒投資でお金にも働いてもらう
4.守る   
⇒浪費・インフレ・お金の貸し借り・盗難への意識
5.使う   
⇒幸福度が上がる買い物

文字だけ見ると当たり前にみえますよね・・・
ですが5つの思考により資産形成がバランスよく進められます。

どれか1つの考え方がとがっている場合もありますが再現性が低いのでバランスよくがおすすめです。

さらに幸福度も上げながら確実に資産を増やせるの覚えておいて下さい。

セカユタ
セカユタ

今回はその中で一番とりかかりやすい「貯める」の実践編として上手に倹約しながら幸福度と資産を増やそうという内容でお話します。

貯めるためには資産管理が大切になりますよね。
管理を簡単にできるおすすめアプリです。

マネーフォワード ME アプリの登録はこちらから♪

心の安定と資産形成について

私は資産形成については心を豊かにするためにとても重要だと考えています。
もちろんギャンブルのような投資で資産を増やしたいと考えると元も子もなくなります・・・

この点は気をつけなくてはと自分自身も気をつけてます。

また少子高齢化が進むことで老後資金の問題もよく聞くようになりました。
今後は自身のためだけでなくご家族のためにも資産形成は重要タスクになると考えています。

そこで今回は資産形成につながる「倹約と節約」を心の豊かさとの関わりという観点からお伝します。

倹約とは

まずは言葉の意味を調べてみました。

「無駄を極力省いて、切り詰める」

1円でも出費を減らして切り詰めるという意味合いではなく、例えば月の固定費として抑えられるものを決めて出費を減らすことですね。

携帯代金や駐車場などの毎月かかる固定費を計画的に引き下げるイメージです。

節約とは

こちらも言葉の意味を調べてみました。

「無駄を極力省いて、出費をできるだけ少なくすること」

言葉だけみると先程の倹約と一緒に見えますね。
ですが節約は計画的にではなくとにかく1円でも出費を減らすという意味があるそうです。

倹約と節約の違い

一番分かりやすい違いについては倹約はお金にのみ用いられます。

それに対して節約は「電気の節約」などのようにお金以外でも使われる点があります。

また漢字から読み取っていくと節約には倹約に比べてもお金を切り詰めるだけではない様です。
例えば「自分を律する」という精神面でのニュアンスが含まれてきているようです。

倹約 ⇒ 方針
節約 ⇒ 方法

上記に置き換えることができます。
節約のほうが出費を抑える点について細かくみるという捉え方になると思います。

倹約をするメリット

節約については1円でも切り詰めて出費を抑えるという考えです。
時には自分の幸福度を下げてでも切り詰めることになりますよね。

ですが倹約は計画的になので自分の幸福度をあげるためであれば時には出費は行うとも捉えられます。

とても似ている言葉ですが幸福度を下げる切り詰めは長続きしないと考えています。
なので倹約をおすすめしています。

私は携帯料金を引き下げました。
格安SIMに変えたことで約8,000円近く出費を抑えられましたよ。

さらに出費を抑えて持ち運びが出来るWi-Fiも自宅におけて生活しやすくなりました。

その金額を私は老後資金用の資産構築と考えて株式投資にまわしました。
これは自分自身の幸福度を上げることだと捉えれています。

満足度を上げながら倹約する。
さらにその倹約した分で資産運用ができたんです

これは自分自身の幸福度を上げるのでとてもおすすめですね。

分かりにくかったらすいません(笑)

倹約をさらに上手に行うためにも資産管理は必須。
ですがめんどうだと続かないですよね・・・

手間いらずの資産管理アプリはこちら。

マネーフォワード ME アプリの登録はこちらから♪

倹約の際の注意点

あえて節約との違いについて冒頭でお伝えしました。
理由は無理して出費を抑えることで自分の気持ちをないがしろにしてしまう可能性がからです。

私も2年程前まで節約したくて昼食を抜いていました。
さらには必要なものでも安い物ばかり使っていた経験があります。

今思うととても貧しい気持ちで過ごしていたなと・・・

幸福度を下げながら出費を抑えると続かないばかりか自分の気持ちがとても貧しくなっていたなと今では感じます。

ですので幸福度が上げるものをご自身の中で明確にしておいて欲しいです。
幸福度を意識した倹約がご自身にとっての豊かな生活につながるので。

金融庁のライフプランシミュレーション

倹約をするうえで現在の収入と収支を続けることでの将来予測をしてみて下さい。
将来が見れていると逆算して現在を修正できるのでとても重要かと。

ちなみにおすすめなのがこれです。

1分程度で将来の予測ができますのでぜひ活用してみて下さい!

倹約のメッリトを理解して活かせるヒント

資産形成は長距離でのランニングコースになります。
そのためご自身の幸福度を下げながらだと継続が難しくなります。

1円でも切り詰める節約ではなくて幸福度を上げながら行える倹約をおすすめします!

またポイントは幸福度を下げずに支出を減らすこと。

ちなみに代表的な固定費の見直しは・・・

①携帯料金の見直し
②マイカーの見直し
③保険の見直し

特に毎月の固定費の見直しはどなたでもはじめやすい点からすぐに取り掛かかれます。
ぜひ検討してみて下さい!

(【初心者向け】固定費を抑える方法おすすめ5選)が固定費削減のヒントになりますのでぜひあわせて読んでみて下さい!

最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

固定費削減して倹約ができると次のステップは資産の管理です。

毎月の手間がなく簡単管理可能なアプリもぜひ検討してみて下さい。

マネーフォワード ME アプリの登録はこちらから♪
プロフィール
このブログの運営者
セカユタ

サラリーマンをしながら副業や投資をして資産形成中。
約1,000万の資産運用と副業をしながら「資産形成の基礎知識・節約や副業・投資」についての情報を発信しています。

また心理カウンセラーの資格を取り、心理学を継続して勉強しながら幸福度が上がる情報も定期的に発信します。

ぜひお付き合いください!

ぜひフォローをお願いします!
資産形成(基礎知識)
タイトルとURLをコピーしました